子育て

レセプションの入学準備【イギリスで小学校の制服はどこで買えるの?】

レセプションの入学準備【イギリスで小学校の制服はどこで買えるの?】

子供が今年レセプションに入学するんだけど、小学校の制服はどこで買えるの?

 

こんな質問にお答えします。

 

日本で制服を購入する場合、学校指定のショップに足を運びますよね?

かたやイギリスでは、制服一着買うのも選択肢がたくさんあるんです。

 

本記事ではイギリスの制服の基本情報、および制服の購入場所や注意点についてお話ししていきます。

 

こんな方におすすめ

  • お子さんがイギリスのレセプション入学間近の方
  • どこのメーカーの制服がいいか迷われている方
  • イギリスの学校制度に興味のある方

 

ここに注意

同じイギリスでも学校によって若干の違いがあります。

娘の通うイギリスの公立小学校を例に挙げているので、あくまでも一例としてお読みいただければ幸いです。

 

イギリスの制服はどんな感じ?

イギリスの制服はどんな感じ?

 

基本の制服セット

娘の学校を例に挙げますが、Reception(4から5歳までの児童)と Key Stage 1(Year 1, 2 - 5歳から7歳)と Key Stage 2(Year 3,4,5,6 - 7歳から11歳)では指定の制服が違っています。

 

Reception と Key Stage 1 の制服

  • グレーのスカート or ズボン
  • ポロシャツ
  • 学校のロゴ入りカーディガン
  • 白い靴下 or グレーの靴下(タイツ)
  • 黒の革靴

 

Key Stage 2 の制服

  • グレーのスカート or ズボン
  • ワイシャツ
  • 学校のロゴ入りカーディガンとネクタイ
  • 白い靴下 or グレーの靴下(タイツ)
  • 黒の革靴

基本はこのセットになりますが、女の子であってもズボンを履ける選択肢があります。ズボンの方が好きだから、という理由で履いている子もいます。縛りのない自由な環境でいいですよね。

 

とりあえずは色さえ合っていれば大丈夫というおおらかさです。

 

日本との大きな違いは、上履きがないこと。

そして、日本のように教科書や文房具を持参する必要がないので、持ち物は薄っぺらいスクールバックのみになります。

 

関連記事>>>こんなにも違う!【イギリスと日本の小学校比較】

 

夏服と冬服

女の子は夏にはサマードレスと呼ばれるギンガムチェックのドレスを着ます。黄色、赤、青、緑などのいずれかの色を学校が指定します。

 

イギリスの基本の制服セット

source: MATALAN

いつからサマードレス着用という指示はありません。着たくなったら着る、これまた自由です。

 

特に冬服というものは存在せず、学校指定のカーディガンの下は半袖シャツです。

コートも自由ですが、雨でも傘を使わない子が多いので、フード付きでウォータープルーフのものが望ましいです。

 

体操服

イギリスで体操服は PE Kit と呼ばれています。

これも学校によって多少の違いはあるかと思いますが、基本セットはこんな感じです。

 

PE Kit

  • 白いTシャツ
  • 黒い短パン
  • 黒い靴(Plimsolls)
  • 体操服入れ

 

冬寒ければ、長袖のトップスやボトムを足すもよし。これも自己判断に任されています。

 

Plimsollsって一体何?って思いますよね。

こういった靴になりますが、娘がこの靴を履いたのはKey Stage 1 の間だけでした。動きにくいという理由で、今は手持ちのスニーカーを使っています。

 

イギリスの基本の体操服セット

source: MATALAN

体操服入れも自由ですが、こういったDrawstlring Bag を使っている子供が多いです。

 

イギリスの基本の体操服セット

source: MATALAN

 

制服はどこで購入できる?

イギリスの小学校の制服はどこで購入できる?

Source: Mirror

イギリスの小学校の制服は、なんとスーパーで購入できるんです。

  • M&S
  • John Lewis
  • Sainsbury's
  • ASDA
  • Morrisons
  • Matalan etc...

 

ワイシャツにおいては、我が家ではM&S のアイロン不要シャツ一点買いです。他のブランドより若干お高くても、M&S のものは質がよいと感じます。

兄弟がいてお下がりにする場合は、クオリティー重視で購入されることをおすすめします。

 

イギリスの公立小の制服はどれもお安いので、失敗したなと思ってもそれほどの痛手はありません。

 

子供の革靴においては、Clarksがおすすめです。

Clarksでは足の幅も含めて計測してくれるので、安心感があります。

 

制服準備で困ったこと・気づいたこと

イギリスの小学校の制服準備で困ったこと・気づいたこと

 

ブルマはどこで買える?

Key Stage 2 に上がったときに、担任の先生からスカートの下にブルマを履いてくるようアナウンスがありました。ただ、「ブルマって英語でなんていうの!?」から始まり、見つけるのに苦労した記憶があります。

M&S では Seamfree Shorts、Matalan では School Cycling Shorts(こちらは丈が少し長め)で購入できます。

 

ピナフォーって何?

女の子のプリーツスカートは、洗濯の回数を重ねると、プリーツがだんだんへたってきてしまいます。

ウエストサイズがゴムで調整できる仕組みになっているので、プリーツがあってないような変な形になるんですよね。

そこでおすすめするのが、Pinafore。日本でいうジャンパースカートです。つなぎになっているので冬には気持ち暖かいです。ストンとした形なので洗濯してもへたりにくく、お下がりにするにはもってこいです。

 

イギリスの基本の制服セット

source: MATALAN

 

購入時期には気をつけて

新学年度が始まる9月直前や長期休暇が明ける前は、制服を買い揃える家庭が多いので、オンラインショッピングでは売り切れてしまっていることがよくあります。

革靴でおすすめのClarksも同じくです。上記の時期はショップがとても混み合うのでご注意を。

とにかく、制服は余裕を持って買い揃えた方が安心です。

 

まとめ

イギリスと日本は勝手が違うので、制服をそろえるのも悩みますよね。特にイギリスは選択肢が多いのでなおさらです。

ただ、かなり自由度が高いので、心配し過ぎなくて大丈夫!公立小学校においては基本色さえ合っていれば問題ありません。

 

日本と比べると、格安で制服を揃えられるので、いろいろなメーカーを比べてみるのも発見があって楽しいかもしれませんね。

-子育て

© 2021 イギリスで暮らしてみれば Powered by AFFINGER5