イギリス生活

【イギリス在住者が語る】海外生活に向き不向きってあるの?

海外生活に向き不向きってある?

 

経験値で話すと答えはイエスです。

今まで海外で多くの日本人と出会ってきましたが、向き不向きは確かにあります。その国が好きか嫌いかにも大きく左右されますし、国民性との相性もあります。

 

海外生活に向く人

 

日本の常識と比べない人

家の修理を頼んでもすっぽかされたり、レストランのサービスが残念だったり。海外生活ではイラッとすることが多々起きます。特に日本人はかゆいところに手が届くサービスに慣れているので、余計にそう感じるのかもしれません。ただ、日本の常識は世界の常識ではありません。それを理解できて違いを許容できるタイプの方がストレスが少なく海外生活を過ごせます。

 

適応力のある人

私が住むイギリスは人種も文化も様々なので、日本のようにこのレールにさえ乗っていればある程度は安全ぱいというものが存在しません。異文化に臨機応変に対応でき、すぐに慣れる適応力のある人は海外でも強く生きていけるでしょう。

 

いい意味で適当な人

海外に住むにはいい意味で適当ぐらいがちょうどいいと思っています。電車が遅れても、「あぁまたか。」注文したものと違うものが届いても「はいはい、またですね。」ぐらいに思える人の方が海外生活には向いています。たまにパジャマにコートを羽織ってスーパーで買い物している人を見かけますが、人の目を気にせずそういうこともやってのけられる人の方が海外では強いのかもしれません。

 

関連記事>>>ここがヘンだよ日本人【イギリス人が思う日本人の不思議な言動】

 

ハプニングがあってもネタにできると思える人

海外生活にハプニングはつきもの。日本ではありえないでしょ!ということが起きても、いつかはネタにできると思える図太さがある人は海外生活に向いています。細かいことにいちいち引っかかっていたら、身が持たないのが海外生活。ユニークな視点を持ち発想の転換ができる人、ハプニングが起きてもこれでまた強くなれるわと思える性格であれば、どの国でも生きていけるはずです。

 

海外生活に向かない人

 

プライドを捨てられない人

日本ではマジョリティとして生きてきたのが一転して海外ではマイノリティになります。日本で築いてきたものとは関係なく、海外では一からのスタート。アジア人は年齢よりも若く見られるため、子供扱いされることもあるでしょうし、プライドを捨てないといけない場面に遭遇することもあります。プライドが傷ついても悔しさをバネにするタイプであればいいのですが、プライドを捨てられず心が折れてしまう人には海外生活は厳しいかもしれません。

 

日本食がないと生きていけない人

海外旅行にカップ麺や電子レンジで温めるごはんを持っていく人っていませんか?私の家族にこのタイプがいました。海外に留学していましたが、日本食が恋しすぎて自分は海外には向かないと痛感したそうです。海外でも日本食材は手に入りやすくなりましたが、まだまだお安いものではありません。その国の食文化も楽しめる人でないと海外生活は厳しいかもしれません。

 

石橋を叩き過ぎる人

心配性ですべて計画通りにいかないと無理な人は海外生活には向いていないと言えます。海外生活は予想できないことの連発です。計画通りにいかないことの方が多いので、見切り発車するぐらいでちょうどいいのです。

 

まとめ

海外生活に向く人向かない人の例を挙げてみましたが、実際に海外に住んで向いてないなと思った経験がある方でも、違う国にいけばイキイキと生活できる可能性があります。

 

北米に住んだことがありますが、イギリスと同じ英語圏でも国民性は違いますし、やはり国との相性もあります。欧米が合わなくてもアジア圏だと楽しんで生活できるという人もいるかもしれません。

 

日本でデュアルライフをする人やノマドワーカーが増えたように、今後国境を軽々と越え生活する人が増えそうですよね。実際私の周りもまるで近所に引っ越すかのように、他国に引っ越していく人がたくさんいます。子供がいる人でも学校の問題を難なくクリアして。

 

海外生活は実際住んでみないと向き不向きなんて分からないものですし、自分がどの国に一番しっくりくるかは試してみないことには分かりません。状況が許すのであれば、短期留学するなりショートステイするなりして、とりあえずやってみようマインドで飛び込んでみては?

-イギリス生活

© 2021 イギリスで暮らしてみれば Powered by AFFINGER5